BLUE BLUE


広島観光タクシー BLUEBLUEは、宮島、岩国 錦帯橋、広島 原爆ドーム、広島 平和公園、広島城を観光案内する、広島観光タクシーです。
広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県 広島市から出発して、角島、萩、出雲、松江、山陰を観光案内している、広島観光タクシーです。

観光地写真

  • 宮島  錦帯橋  原爆ドーム  平和公園  広島城  縮景園  角島  元乃隅稲成神社

    千畳敷  東後畑棚田  秋吉台  青海島  藍場川  笠山  出雲大社  日御碕

    松江城  嫁ヶ島  津和野  ホルンフェルス  石見畳ヶ浦  琴ヶ浜  防府毛利邸

    瑠璃光寺  松下村塾  萩城跡  大照院  東光寺  鍵曲   菊屋横丁  足立美術館

    由志園  美保関  八重垣神社  長府毛利邸  東行庵  関門海峡  門司港レトロ

    別府弁天池  秋芳洞  尾道千光寺公園  後楽園  倉敷美観地区  松山城  岡山城    

下関観光

下関 長府毛利邸
下関 長府毛利邸
下関 長府毛利邸
下関 長府毛利邸 ひな祭り
長府毛利邸
長府藩(ちょうふはん)は、江戸時代の藩のひとつです。
長州藩の支藩で、長門府中藩(ながとふちゅうはん)ともいいます。
須原屋武鑑の居城・在所表記では当初は長門長府で、
宝暦年中より長門府中に改称されています。
藩庁は櫛崎城(長府城、長府陣屋)に置かれました。
約10,000平方メートルの敷地は、石垣と白壁に囲まれており、
表門から入った区画より、武家屋敷造の母屋がある区画が一段高く配されるなど、
城郭的な構造をしています。
完成直前の明治35年(1902年)に、
熊本で行われる陸軍演習を視察する明治天皇の行在所(仮の御所)となり、
往路の11月9日と、復路の11月15日に宿泊。
玄関脇には、記念碑(毛利子邸記念碑)が建てられているほか、
明治天皇御宿泊の間は当時のまま保存されています。
書院庭園・池泉回遊式庭園・枯山水庭園の3つの庭が作られています。
紅葉の名所でもあり、衣装着付け体験などのイベントが催されます。
筑後110年以上の茶室・淵黙庵が移築されており、有料で利用できます。
広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメは紅葉シーズンのモミジです。



下関 東行庵
下関 東行庵
下関 東行庵
下関 東行庵
東行庵(とうぎょうあん)は、
山口県下関市にある曹洞宗の寺院で功山寺の末寺です。
山号は清水山。山陽花の寺二十四か寺第八番札所。
東行庵の池は清水山といい、
幕末の頃奇兵隊軍艦山縣有朋(当時は狂介)は麓に草庵を建て
「無鄰菴」と名付けていました。
ちなみに後に山縣が京都に建てた別宅を無鄰菴というのは、
この下関の無鄰菴にちなんで名付けられたものです。
慶応3年4月(1867年)に死去した高杉晋作の遺骸は、
遺言により奇兵隊の本拠に近いこの地に葬られました。
晋作に仕えていた愛人おうの(谷梅処)が出家し、
山縣は1869年(明治2年)に無鄰菴をおうのに贈りました。
「東行」は晋作の号であり、
おうのは1909年(明治42年)に亡くなるまで
晋作をこの地で弔ったといいます。
東行(晋作)の没後100年を前に1966年(昭和41年)に大修理が行われ、
同年、東行を顕彰する東行記念館が境内に建てられました。
同館は2010年(平成22年)、下関市立東行記念館として再開館しました。
御朱印については東行記念館の受付で対応します。
広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメの紅葉スポットです。


下関 関門海峡
下関 関門海峡
下関 関門海峡
下関 関門海峡 和布刈神社
広島観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、
みなさんご存じの海峡です。
関門海峡(かんもんかいきょう)は、
本州の下関市(山口県)と九州の北九州市(福岡県)を隔てる海峡です。
名称は両岸の地名である、馬関(現 下関市)の「関=カン」と、
門司(現 北九州市門司区)の「門=もん」を取ったものです。
(難関という意味の関門ではない)宍戸海峡、馬関海峡(ばかんかいきょう)、
下之関海峡とも称されました。
最深部は水深47m。
本州と九州を隔てる水路を大瀬戸(おおせと)といい、
彦島と本州を隔てる水路を小瀬戸(こせと)または小門海峡(おど)といいます。
大瀬戸の幅が約600mまで狭まる壇ノ浦と和布刈の間は
早鞆の瀬戸(はやとものせと)といいます。
一般には大瀬戸の下関と北九州市門司区の間を関門海峡と呼びます。
なお、海運業界では下関市彦島の周囲を迂回する形で
門司区―小倉北区―戸畑区―若松区に抜けるルートが
関門航路=関門海峡との認識です。



北九州 門司港レトロ
北九州 門司港レトロハイマート
北九州 門司港レトロ 国際友好図書館
北九州 門司港レトロ 旧門司税関
門司港レトロ(もじこうレトロ)は、
福岡県北九州市門司区にある観光スポットです。
JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、
ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットで、
国土交通省の都市景観100選を受賞しています。
対岸の下関市唐戸や巌流島等との周遊ルートとして多くの観光客で賑わいます。
1988年(昭和63年)から整備を開始、
1995年(平成7年)3月にグランドオープンしました。
順調に観光客数を伸ばし、
2003年(平成15年)には対岸の下関市にある巌流島が
NHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」の舞台になったことで、
年間255万人の観光客を集めました。
翌2004年(平成16年)には反動で前年を下回ったが、
焼きカレーが注目を集めていることもあり、
2007年(平成19年)の観光客数は
220万人(前年比+6万人)まで回復しています。
2003年(平成15年)には、
地区近辺4か所のバス停留所名に「レトロ」を冠したり
(例:「桟橋通り」→「レトロ桟橋通り」)、
門司港駅と門司区内の和布刈(めかり)地区を結ぶ周遊バスを運行するなど、
バス利用者に対する利便性の向上を図っています。
広島観光タクシー BLUEBLUEは、
照明デザイナー石井幹子のデザインによる照明演出
「門司港レトロ・ナイトファンタジー」をオススメしております。



トップページ


                                                      下関観光