BLUE BLUE


広島観光タクシー BLUEBLUEは、宮島、岩国 錦帯橋、広島 原爆ドーム、広島 平和公園、広島城を観光案内する、広島観光タクシーです。
広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県 広島市から出発して、角島、萩、出雲、松江、山陰を観光案内している、広島観光タクシーです。

観光地写真

  • 宮島  錦帯橋  原爆ドーム  平和公園  広島城  縮景園  角島  元乃隅稲成神社

    千畳敷  東後畑棚田  秋吉台  青海島  藍場川  笠山  出雲大社  日御碕

    松江城  嫁ヶ島  津和野  ホルンフェルス  石見畳ヶ浦  琴ヶ浜  防府毛利邸

    瑠璃光寺  松下村塾  萩城跡  大照院  東光寺  鍵曲   菊屋横丁  足立美術館

    由志園  美保関  八重垣神社  長府毛利邸  東行庵  関門海峡  門司港レトロ

    別府弁天池  秋芳洞  尾道千光寺公園  後楽園  倉敷美観地区  松山城  岡山城    

山陰観光

津和野
津和野 太鼓谷稲成神社
津和野 太鼓谷稲成神社
津和野 太鼓谷稲成神社
津和野町(つわのちょう)は、島根県の南西に位置する町。
明治維新前には津和野藩亀井氏の城下町であり、
山間の小さな盆地に広がる町並みは、
「小京都」の代表格として知られているほか、
津和野駅はSLやまぐち号の終着駅でもあり、
山口市・萩とセットで訪れる観光客が多い。
また、在日米軍基地のある岩国市からも車で訪れることが出来るため、
基地職員や米軍兵士などといった外国人観光客も比較的多く見られます。
幕末期以降の廃仏毀釈と、長崎から配流されてきたキリシタンへ、
改宗の強要が実施された歴史(浦上四番崩れを参照)があるほか、
文豪森鴎外の出生地としてもしられています。
2005年9月25日、隣接していた日原町合併(新設合併)し、
新たに津和野町となりました。
町役場は合併前の日原町役場に置かれることとなりました。
毎年7月末に行われる祇園祭の中で、
街中を練り歩く鷺舞は津和野の代名詞であり、
国の重要無形民俗文化財に指定されています。
なお、2015年(平成27年)4月24日、
文化庁は日本遺産の最初の18件の一つとして、
「津和野今昔~百景図を歩く~」を選んだと発表しました。
広島観光タクシー BLUEBLUEの、
イチオシのお食事処は『沙羅の木』です。



須佐 ホルンフェルス
萩 須佐 ホルンフェルス
萩 須佐 ホルンフェルス
萩 須佐湾
「須佐のホルンフェルス」萩市(旧須佐町)の北方にそびえる高山
(532.8m)およびその山麓には高山班れい岩類が、
直径3kmの岩株状岩体(ガンジュジュウガンタイ)として露出しています。
この岩体は白亜紀の阿武層群および新第三紀の須佐郡層と山島火山岩を貫き、
その周囲600m~700mの範囲に接触変成作用を与え、
種々のホルンフェルスを成しています。
「須佐のホルンフェルス」という名称は、
観光地として有名な須佐の畳岩(タタミイワ)と
千畳敷(センジョウジキ)を指すことが多いのですが、須佐層群の砂岩、
頁岩(ケツガン)の互層からできている畳岩や千畳敷は、
灰白色と黒色の縞模様をしている美しく雄大な海食崖
(カイショクガイ)ではあるが、そのホルンフェルスの程度は弱く、
接触変成帯の最外側部に相当するにすぎないものです。
この地域の典型的なホルンフェルスは、
むしろ畳岩や千畳敷の北方海岸や高山の南山麓でよく観察できます。
須佐層群の泥岩~頁岩と砂岩に認められる変化鉱物の組み合わせに基づいて、
変成温度の低い方から高い方へ、
黒雲母帯→菫青石帯(キンセイセキタイ)→斜方輝石帯
(シャホウキセキタイ)に分帯されています。
これらの帯は摂食変成作用の模式図のように、
硬化した頁岩→点紋ホルンフェルス塊状ホルンフェルスに対応しています。
広島観光タクシー BLUEBLUEでは、
須佐湾のドライブ観光もオススメしております。



浜田 石見畳ヶ浦
浜田 石見畳ヶ浦
浜田 石見畳ヶ浦
浜田 石見畳ヶ浦
石見畳ヶ浦(いわみたたみがうら)は、島根県浜田市にある海岸景勝地です。
単純に畳ヶ浦ともいいます。
名の由来は千畳敷が畳を敷き詰めたように見えるこのに因む。
広義では、一帯は唐鏡海岸と呼ばれており、
その中にある景勝地として扱われます。
浜田海岸県立自然公園に指定されています。
一帯は古くから「床浦」と呼ばれた景勝地だが、
1872年に発生した浜田地震によって海底が約30cm隆起、
今にみられるような千畳敷と断崖が融合した景観となりました。
地質学的に大変貴重であり、1932年に国の天然記念物に指定されています。
なお、隆起量が1m程度とする説もあるが
地震後40年余り後の調査であるため信憑性が低い。
市内随一の景勝地で観光化もされており、釣り客や海水浴客などが多く訪れます。
広島観光タクシー BLUEBLUEも釣りで何回も美味しい思いをしました。
環境省が選定したかおり風景100選において、
石見畳ヶ浦磯のかおりが選ばれています。



大田 琴ヶ浜
大田 琴ヶ浜
大田 琴ヶ浜
仁摩 サンドミュージアム
広島観光タクシー BLUEBLUEが、
オススメしている日本海の夕日スポットです。
琴ヶ浜(ことがはま)は島根県大田市仁摩町(旧邇摩郡仁摩町)にある砂浜です。
鳴り砂(鳴き砂とも言う)で有名であり、
1996年に日本の音風景100選と日本の渚百選に選ばれました。
延長1.6km。浜は全て海水浴場となっており、
夏は多くの海水浴客で賑わいます。
ある平家の姫が、壇ノ浦の源平の戦に敗れこの地に流れ着きました。
その時村人に助けられたお礼に、姫は毎日琴と奏ででいました。
その姫が亡くなると、砂浜が琴の音のように鳴くようになりました。
それ以来その姫を琴姫、この浜を琴ヶ浜と呼ぶようになったと云う
(いくつかある琴姫伝説より代表的なものを挙げる)。



トップページ


                                                      山陰観光