本文へスキップ

広島観光タクシー、広島貸切タクシー、ハイヤーは広島 広島 観光タクシー BLUEBLUEにお任せ下さい!

広島観光タクシー、広島貸切タクシー、ハイヤー

広島 観光タクシー BLUEBLUEは、広島県 広島市から出発して、宮島、岩国、角島、長門、萩、津和野、出雲、松江などを観光案内している、広島観光タクシーです。

広島 平和公園

広島 平和公園
広島 平和公園
広島 平和公園
広島 平和公園
広島平和記念公園(ひろしまへいわきねんこうえん、
英語:Hroshima Peace Memorial Park)は、
広島県広島市中区中島町にある無料の市民公園です。
平和記念公園(英:Peace Memorial Park)
もしくは単に平和公園
(英:Peace Park)とも呼ばれます。
1945年8月6日、
アメリカ軍が広島市に原子爆弾を投下しました。
その後、1946年11月1日に、
爆心地に近い中島町内10.72haが
「中島公園」として都市計画公園に指定されました。
1949年11月1日には
「広島平和記念都市建設法」が制定されました。
世界に向けて人類の平和を願い訴えることと、
過去の過ちを繰り返さないことを目的に、
そのうち、広島平和記念資料館や
原爆死没者慰霊碑の設計や、原爆ドーム・
原爆死没者慰霊碑・資料館を結ぶ南北軸・資料館を
中心とする3棟の建物による東西軸は実現しました。
当初おは現在の広島市中央公園や
基町中層アパート群・市営基町高層アパートの周辺も、
平和公園として構想されいましたが実現しませんでした。
また、平和大通りについても構想に含まれていました。
公園南側の平和大橋・西平和大橋は、
アメリカ人彫刻家である
イサム・ノグチの設計によります。
公園の建設にあたっては、
敷地内の多くのバラックを撤去することとなりました。
また、敷地内を走っていた古くからの繁華街の道
(中島本通/かつての西国街道→國道四号)は
残されることになりました。
1951年8月6日に現在の区域を
平和祈念施設とすることを決定し、
1954年4月1日に完成しました。
毎年8月6日には、平和記念式典が開催され
原爆が投下された午前8時15分には
黙祷が捧げられます。
式典では、市内中学校、
高校の吹奏楽部による「ひろしま平和の歌」の伴奏、
広島市の合唱団等による合唱が行われます。
平和記念公園は被爆前も
公園だったと誤った認識がありますが、
被爆前は中島地区と呼ばれ幕末から明治・大正にかけて
市内有数の繁華街として栄えた歴史のある街でした。
公園の北側の原爆ドームがあるあたりは、
相生通りを挟んで、広島中央公園
(旧広島市民球場跡地周辺)と隣接しています。
広島 観光タクシー BLUEBLUEのオススメは、
何と言っても春の桜の花見シーズンです。




バナースペース

広島 観光タクシー
BLUEBLUE


TEL 090−5694−5753