BLUE BLUE


広島観光タクシー BLUEBLUEは、宮島、岩国 錦帯橋、広島 原爆ドーム、広島 平和公園、広島城を観光案内する、広島観光タクシーです。
広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県 広島市から出発して、角島、萩、出雲、松江、山陰を観光案内している、広島観光タクシーです。

観光地写真

  • 宮島  錦帯橋  原爆ドーム  平和公園  広島城  縮景園  角島  元乃隅稲成神社

    千畳敷  東後畑棚田  秋吉台  青海島  藍場川  笠山  出雲大社  日御碕

    松江城  嫁ヶ島  津和野  ホルンフェルス  石見畳ヶ浦  琴ヶ浜  防府毛利邸

    瑠璃光寺  松下村塾  萩城跡  大照院  東光寺  鍵曲   菊屋横丁  足立美術館

    由志園  美保関  八重垣神社  長府毛利邸  東行庵  関門海峡  門司港レトロ

    別府弁天池  秋芳洞  尾道千光寺公園  後楽園  倉敷美観地区  松山城  岡山城    

岡山観光

岡山 後楽園
岡山 後楽園
岡山 後楽園
岡山 後楽園
広島観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、
みなさんご存じの有名な日本庭園です。
後楽園(こうらくえん)は、
岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)で、
日本三大名園のひとつです。
江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、
元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されています。
後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせたもので、
1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ
1700年(元禄13年)に完成しました。
岡山市内を流れ旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置します。
藩主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした
池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としています。
江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいました。
1871年(明治4年)、園内を一般開放するにあたって、
これを後楽園と改めました。
総面積は133,0000平方メートルであり、東京ドームの約3倍です。
同園は岡山県が所有管理するが、
管理業務については県の外郭団体である財団法人岡山県郷土文化財団が
県からの受託業務として行っています。
町丁名の「後楽園」は本園が所在する中州のみを町域としています。



岡山 倉敷美観地区
岡山 倉敷美観地区
岡山 倉敷美観地区
岡山 倉敷美観地区
広島観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、有名な観光地です。
倉敷美観地区(くらしきびかんちく、Kurashiki Bikan hisutorical quarter)は、
岡山県倉敷市にある町並保存地区・観光地区です。
当エリアは倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められたもので、
同市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、
東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれます。
広義の美観地区の面積は21.0ヘクタールで、
うち伝統的建造物保存地区(第一種美観地区)た15.0ヘクタール、
伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6.0ヘクタールとなっています。
伝統的建造物保存地区(倉敷川周辺)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区
(くらしきがわはん でんとうてきけんぞうぶつぐん ほぞんちく)の名称で
国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。
江戸時代初期の寛永19年(1642年)、
江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、
以備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持ちます。
倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、
天領時代の町並みをよく残しています。
1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、
1979年(昭和54年)に
県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。
また、1930年(昭和5年)に建てられた
日本最初の西洋美術館大原美術館や1888年(明治21年)に
代官所跡地に建てられた旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した
観光施設倉敷アイビースクエア等も当地区を代表する建築物です。



岡山 松山城
岡山 松山城 展望台
岡山 松山城 天守
岡山 松山城 二重櫓
松山城(まつやまじょう)は岡山県高梁市内山下にあった日本の城(山城)です。
別名、高梁城(たかはしじょう)。
国の史跡。
日本100名城。
四国の愛媛県松山市にあった松山城を初め、
各地の松山城との混同を避けるために、
一般的には「備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)」と呼びます。
城跡が国の史跡、
江戸時代に建造された天守や二重櫓などが国の重要文化財に指定されています。
標高430メートルの臥牛山山頂にあり、
現存天守を持つ山城としては最も高い所にあります。
城にあった臥牛山(松山)は4つの峰からなり、
小松山に本丸・二の丸・三の丸が階段状に配され、
大松山、天神の丸、前山にも遺構があります。
海抜約430mの臥牛山小松山山頂の本丸へは、
麓の御根小屋から約1,500m、1時間ほどの道のりの山道を経て至ります。
江戸期の備中松山藩時代は山城で不便なため、山麓に御根小屋という御殿を構え。
そこで藩主の起居・藩の政務を行いました。
現在は城跡が国の史跡に指定され、江戸時代に建造された天守、
二重櫓、土塀の一部が国の重要文化財に指定されています。
そのほかに石垣、復元された櫓、門、土塀が現存します。
日本三大山城の一つとされます。
御根小屋の跡地には岡山県立高梁高等学校があります。
広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメは
臥牛山頂上に建つ展望台から眺める、雲海に浮かぶ松山城です。



岡山城
岡山城 天守
岡山城 天守
岡山城 金のしゃちほこ
岡山城(おかやまじょう)は、日本の城。
岡山県岡山市北区にある国指定の史跡です。
別名は烏城(うじょう)金烏城(きんうじょう)。
戦国時代に、備前東部から興って、美作、備中東部まで
勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれ、
その後、小早川氏、池田氏により整備、拡張が行われました。
広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメは、
石垣の博物館と言われる程、
各時代の様々な積み方の石垣が見られるところです。
岡山城は標高が十数メートルの丘から連なる小高い土地に建設されました。
当時、旭川河口部は複数の派川に分岐しており、
その中の大洲原と呼ばれる広大なデルタ地帯中央に「岡山」(柴岡山とも)、
その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」
(天満山とも)の3つの丘が連なり、
格時代ごとに要害として使用されたとされます。
その中の石山にあった石山城(いしやまじょう)に宇喜多直家が入城・改築し、
後に子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設け、
石山城を取り込む形で城郭が建造されました。
これが岡山城です。
城の縄張は基本的には梯郭式となっており、
三段の城郭配置が西側の一方だけに広がる平山城となっています。
言いかえると本丸の北から東には郭の無い、非常に防備が薄い縄張である。
そのため旭川の流路を変更し、天然の堀として東側の備えに利用したとされます。
さらには郭の代りとして、「後楽(後楽園)」が築かれたともされます。
天守が4種6階の複合式望隣型で、
出入り口は付属している塩蔵に設けられています。
特に初重平面型状が歪んだ多角形の天守台を持つ安土城天守を
模したものではないかと言われているが、
羽柴秀吉による大阪城天守を模しているという説もあります。
その外観は黒漆塗の下見板が特徴的で、この印象から
「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、
同じ山陽道の隣県の「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれ
姫路城と対比されることもあります。
元禄時代の古地図からは、五重の濠に囲まれた城郭と、
南北3.5㎞、東西1.3kmにおよぶ城下町の姿が伺えます。
明治時代に御殿・櫓・門の大半が取り壊されました。
堀は内堀の一部を除いてほとんど埋められたが、
街路は江戸時代の位置をほぼ踏襲していす箇所が多い。
さらに第二次大戦中、空襲のため天守・石山門を焼失しました。
現在までに2つの櫓、本丸付近の石垣、内堀が残り、
戦後に天守・不明門・廊下門・六十一雁木上門・塀の一部が再建されました。
現存する月見櫓・西之丸西手櫓は国の重要文化財に指定され、
「岡山城跡」として史跡にも指定されています。
その他、京橋御門が岡山市南区小串に移築され現存しています。
城跡は「烏城公園」として整備される一方、西之丸跡に山陽放送、
林原美術館、岡山市民会館が、三之丸跡に岡山県庁、
岡山県立図書館などの公共機関がありあます。
近年本丸御殿の再建が検討されたが、
2008年度時点でもその目処は立っていません。
また隣接する大名庭園・後楽園は水戸・偕楽園、金沢・兼六園とともに、
日本三名園として並び称されます。



トップページ


                                                      岡山観光